レナセル ベースケアローション

うるおい巡り肌ヒト幹細胞培養液入り化粧水「ベースケアローション」

会員様限定 新発売キャンペーン初回半額

特別価格の定期コースで申し込む

こんなお声をいただきました。

すーっと高浸透でうるおい美肌 「うるおす保湿化粧水」×「引き込む導入液」

1本で2役の導入化粧水

レナセルシリーズの効果を最大化する5つのポイント

SNSでも大人気!!インスタグラムでも絶賛の声が続々!

相乗効果を実感 先行モニター様のお声ベースケアローション

いままで保湿力があるものはべたついて、あまり浸透しないイメージでした。これはスーッと肌に入ってるみたいで、浸透がいいです。美容液もたっぷり塗りたいので、べたつきがないのはうれしいです。

お肌が化粧水を飲み込むようにぐんぐん浸透していくのが分かります。一番うれしいのは、翌朝のお肌の触り心地がふわふわもちもちになったことです!乾燥気味の方にぜひ使っていただきたいです。

50代に入ってから肌が黄色っぽくくすむようになってしまって。使い始めてまだ1ヵ月ですが、これは保水がしっかりできるからか、肌に透明感が出て、明るくなりました。手軽に使えるスプレータイプもぜひ出してほしいです。

ヒト幹細胞のパワーを最大化「1導入」「2補充」「3保護」ヒト幹細胞培養液のパワーを最大限に引き出し、自分至上最高のつや肌実感へ

ベースケアローション、セミオーダーヒト幹細胞美容液、プロテクションクリームのライン使いで効果を早める!朝と夜の3点ケアで生命力あふれる美肌に

ベースケアローション上手な使い方〈 1日2回 朝晩 〉洗顔後、レナセル美容液の前にお使いください。

  1. STEP1 使用量は500円玉大 洗顔後、お肌の水分をふきとります。ベースケアローションを500円玉大ほど手に出し、手のひらに広げます。

  2. STEP2 お顔全体になじませます。 化粧水が手のひらからこぼれないように注意して、お顔全体にやさしく広げ、包み込むようにして浸透させます。

  3. STEP3 首やデコルテラインも忘れずに! 再度500円玉大を手に取り、年齢が出やすい首元やデコルテ部分にも化粧水を広げます。上から下にかけてやさしくマッサージするように伸ばし、なじませてください。

内容量
120mL(約30日分/朝夜使用)
全成分表示
水、プロパンジオール、DPG、グリコシルトレハロース、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、加水分解水添デンプン、ペンチレングリコール、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、ヒアルロン酸Na、加水分解ローヤルゼリータンパク、水溶性プロテオグリカン、セラミドNP、セラミドNG、セラミドAP、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル、コンフリー葉エキス、フィトステロールズ、水添ホスファチジルコリン、シア脂、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、グリセリン、BG、オレイルアルコール、水添レシチン、ポリソルベート80、PEG-60水添ヒマシ油、クエン酸、クエン酸Na、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル、フェノキシエタノール、トコフェロール
ご使用上の注意

○お肌に異常が生じていないかよく注意してご使用ください。

○化粧品がお肌に合わず次のような場合にはご使用を中止してください。
そのままご使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。

(1)ご使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合

(2)ご使用したお肌に、直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合

○お肌に傷、湿疹、はれもの等異常がある部位には、ご使用にならないでください。

保管及び取扱い上の注意

○極端に高温あるいは低温の場所、多湿な場所、直射日光のあたる場所には保管しないでください。

○開封後はお早めにお使いください。

○ご使用後はキャップをきちんと閉めて保管してください。

○乳幼児の手の届かないところに保管してください。



お客様情報のご入力

下記お客さま情報を全てご記入いただき、お申し込みボタンをクリックしてください。

商品名 必須

お名前 必須

フリガナ 必須

郵便番号 必須

都道府県 必須

住所1(市郡区/町・村) 必須

住所2(丁目・番地・マンション名・号室) 必須

電話番号 必須

メールアドレス 必須

パスワード 必須

性別

生年月日 必須

お届け先情報

お届け先住所 必須

クーポン利用

クーポンコード

お支払い情報

お支払い方法 必須

配送業者の指定

配送業者 必須

お届け日の指定